イベント・セミナー情報

    123
  • 2019年12月24日お知らせ

    「エコプロ」APPブース来訪者の「ふせん」メッセージを集計
    森と紙の大切さを訴えるメッセージが多数

    【2019年12月24日】 インドネシアを拠点とする国際的な紙パルプ製造企業グループであるアジア・パルプ・アンド・ペーパー(APP)の日本法人エイピーピー・ジャパン株式会社(本社:東京、代表取締役会長:タン・ウイ・シアン)は、2019年12月5日(木)~ 7日(土)の3日間、東京ビッグサイトで開かれた日本最大級の環境展示会「エコプロ2019」に出展し、計6,200人のブース来訪者に「ブースの感想や環境に関するメッセージ」を付箋(ふせん)に記入していただきました。当社はそのすべてを読み、いただいたご意見を集計しましたので、その結果をお知らせいたします。 集計の結果、「紙に関するメッセージ」がもっとも多く1,475名で、具体的には「紙を大切にする(無駄にしない)」「裏紙を使う」「再生紙を使う(紙をリサイクルする)」「ノートを最後まで使う」「ティッシュの使用を減らす」などでした。2番目に多かったのが「森に関するメッセージ」(1,230名)で、具体的には「森林を保護する(森を守る)」「木を植える(植林する)」など。3番目は「APPの展示や活動を評価するコメント」(810名)で、「紙芝居が良かった」「総合森林農業システム(IFFS)の取り組みを応援したい」「植樹に参加したい」「森林火災防止の取り組みが素晴らしい」「APPを始めて知ったが、その考え方に共感した」などでした。ブースのアトラクションでは、インドネシアの森林環境問題に関する紙芝居がもっとも評判が良かったようです。 それ以外には、「節電する」「節水する」「食品を無駄にしない」「環境に良い商品を選んで買う」「ごみを減らす」「ごみを分別する」「CO2を削減する」「エコパックを使う」「水筒を持つ」「プラスティックをリサイクルする」「プラスティックの使用料を減らす」「SDGs達成に向けた取り組みをする」などの多様なメッセージがありました。 当社が今回の「エコプロ2019」で付箋に環境に関するメッセージを記入していただく手法を採用したのは、来訪してくださる方々に一方的に説明するのではなく、皆様の感想や環境に関する考えを伺い、今後の取り組みに活かしたかったからです。環境保護に関する皆様の熱いメッセージを受け、社内からも「励みになった」「紙づくりを通した森林保護についてもっと勉強したい」といった声が聞かれました。  APPグループは2013年2月に「森林保護方針」を発表して、「自然林伐採ゼロ」を誓約しました。それ以来、徹底して植林木だけで紙をつくり、自然林を一切伐採しない資源循環型の経営に取り組んでいます。さらに、ベランターラ基金などを通じて、インドネシアの森林保護・再生支援に取り組み、温室効果ガスの排出抑制や生物多様性の保全など、SDGsの達成に貢献しています。APPはこれからも、地球環境の保全と持続可能な事業活動に尽力してまいります。

  • 2019年12月10日CSRニュース

    APPジャパン、今年も「エコプロ2019」に出展
    3日間のブース来場者は約6,200名、ASEAN事務次長も

    【2019年12月10日】 インドネシアを拠点とする国際的な紙パルプ製造企業グループであるアジア・パルプ・アンド・ペーパー(APP)の日本法人エイピーピー・ジャパン株式会社(本社:東京、代表取締役会長:タン・ウイ・シアン)は、2019年12月5日(木)~ 7日(土)の3日間、東京ビッグサイトで開かれた日本最大級の環境展示会「エコプロ2019」に出展しました。当社の同展への出展は今年で7回目となり、同じAPPシナルマスグループのユニバーサル・ぺーパー(本社:東京、代表取締役会長:タン・ウイ・シアン)との共同出展。3日間で計6,200名の方に当社ブースにご来場いただきました。12月7日には、訪日中のクン・ポアックASEAN事務次長(社会文化共同体担当)もご来場いただきました。  大変多くの方々に参加していただいたのは、「ふせん」に環境の誓いや展示・紙芝居の感想などのメッセージを書いて、壁の大きなボードに貼り付け、皆様の環境への熱い想いを大きな声にしていただく試みです。「木を植える」「紙の無駄遣いをしない」といったメッセージが目立っていました。ご参加頂いた方には、ユニバーサル・ペーパーのソフトパックティシュなどをプレゼントしました。  今年はアマゾンだけでなく、インドネシアにおいても森林火災が大きな問題となりました。ブースでは、深刻な森林火災の様子を写真でお伝えするとともに、企業として取り組んでいる消防体制の強化や、森林火災の原因と言われている地域住民による「焼き畑」を抑制する取り組みを、「SDGs」への貢献の一環として紙芝居形式で社員自らが紹介しました。ベルが鳴り紙芝居が始まると、大勢の小中学生や小さなお子様を中心に大人たちも集まり、真剣に聞き入っていました。 インドネシアの絶滅危惧種であるスマトラトラやスマトラゾウのパネルやSDGsのカラーホイールと一緒に記念写真撮影していただき、写真をプレゼントするフォトブースも盛況でした。 インドネシア全国で熱帯林を保護する活動を展開するため、APPグループが設立した「ベランターラ基金」の展示コーナーには、同団体の紹介展示のほか、インドネシアの農村部の女性が生計を向上させるために覚えて製作した工芸品などを展示しました。 当社が毎年9月頃に日本のボランティアの方々と共同で実施しているインドネシア・スマトラ島での1万本植樹を紹介する動画も放映しました。  APPグループは2013年2月に「森林保護方針」を発表して、「自然林伐採ゼロ」を誓約しました。それ以来、徹底して植林木だけで紙をつくり、自然林を一切伐採しない資源循環型の経営に取り組んでいます。さらに、ベランターラ基金などを通じて、インドネシアの森林保護・再生支援に取り組み、温室効果ガスの排出抑制や生物多様性の保全など、SDGsの達成に貢献しています。APPはこれからも、地球環境の保全と持続可能な事業活動に尽力してまいります。

  • 2019年11月22日CSRニュース

    第8回高校生国際ESDシンポジウムに6か国から220人
    APPジャパンも出展参加、高校生らと交流図る

    【2019年11月7日】 国際的な紙パルプ製造企業グループであるアジア・パルプ・アンド・ペーパー(APP)の日本法人エイピーピー・ジャパン株式会社(本社:東京、代表取締役会長:タン・ウイ・シアン)は11月7日、筑波大学東京キャンパスで開かれた「第8回高校生国際ESDシンポジウム」に参加、出展しました。インドネシアで毎年続けている1万本植樹活動や、紙の製造工程のパネル、コピー用紙などの紙製品、インドネシアの農家の女性が作った布製品などを展示し、参加した高校生らにインドネシアにおける森林環境問題や生分解性の食品容器用板紙製品などについて説明したり、高校生からの質問に答えたりしました。 このシンポジウムには、国内外の高校27校の生徒や教員、関係団体など計約220人が参加。冒頭、文部科学省初等中等教育局参事官(高等学校担当)付の安彦広斉氏と、インドネシア大使館教育文化担当のアリンダ・ザイン氏が挨拶。国内からは筑波大学付属坂戸高校、筑波大学附属高校、筑波大学附属駒場中・高等学校、明治学園中学高校、静岡県立三島北高校、山梨県立甲府第一高校、愛媛大学附属高校など21校、海外からはインドネシア環境林業省付属高校、ボゴール農科大学附属コルニタ高校(インドネシア)、フィリピン大学付属高校ロスバニョス校舎、カセサート大学付属高校(タイ)、カセサート大学附属高校カンペンセーン校舎(タイ)、クイーンランド州立エラノラ高校(オーストラリア)の5か国6校の高校生らがそれぞれ、森林、生物、農業など、ESD(持続可能な開発のための教育)及びSDGs(持続可能な開発目標)に関わる各国特有のテーマの研究成果を発表したり、分科会でディスカッションを行ったりしました。

  • 2019年9月12日CSRニュース

    (修正)インドネシア・スマトラ島の熱帯雨林回復へ1万本を植樹
    日本からのボランティアも参加 今年で6回目

    【2019年9月12日】――インドネシアを拠点とする国際的な紙パルプメーカーであるアジア・パルプ・アンド・ペーパー(APP)は2019年9月3日、インドネシア・スマトラ島のリアウ州で、インドネシアの政府・自治体、国際熱帯木材機関(ITTO)、同国の自然保護団体「ベランターラ基金」、地域住民、日本から参加した専門家、ボランティア、そして日本とインドネシアの関連企業の皆さんと協力して、苗木を植樹しました。この植樹活動は毎年この時期に実施してきており、今年で6回目。日本からはエイピーピー・ジャパンのタン・ウイ・シアン会長や社員、その関係者、一般ボランティアなどの計20名が参加しました。 今年は初めて、地元の固有種であるジュルトンと呼ばれる広葉樹の苗木を植樹しました。 植樹活動は、インドネシアの生態系の保護と復元を支援するAPPの取り組みの一環です。 2014年に植物生態学の権威である横浜国立大学の宮脇昭名誉教授が、劣化した生態系を回復させるため、苗木の植樹を推奨しました。これをきっかけに、87ヘクタールの保護エリアにさまざまな樹種を計4万2千本植樹してきました。 今年植樹した土地は、APPのパルプ材サプライヤーであるアララ・アバディ社が管理する自然保護地域20ヘクタール。地元固有の樹種の植林は、スマトラトラやスマトラゾウの生息地としても知られるこの土地の生態系の修復に大いに貢献します。 多くの地域住民の方々も植樹活動に参加しました。植林は外部者の違法侵入から地域住民を守ることにも役立ちます。また、森林の復元によって、将来、地域住民は樹液や果物など非木材製品の収穫を通じて、恩恵を受けることになります。 日本から植樹のために参加した一行は植樹活動のほか、APPシナルマスグループの最新鋭の紙パルプ工場や、研究開発センター、地元の農村の農業基盤構築・生計向上を支援する総合森林農業システム(IFFS)、絶滅危惧種であるスマトラゾウの保護エリアなども見学しました。 植樹に毎年参加している「鎮守の森のプロジェクト」の新川眞事務局長は、次のように述べています。「森林を修復・保護することは、地域住民の生計を維持、補完することにより、経済的観点から実質的にコミュニティを支援します。このようなローカルな活動が気候変動との闘いに貢献し、人間と自然の調和のとれた関係を促進し、世界的な恩恵をもたらすでしょう」。 植樹に参加したAPPのサステナビリティ・ステークホルダー担当ディレクターであるエリム・スリタバは、次のように述べています。「インドネシアの貴重な森林の回復と保護は、APPの森林保護方針に基づく活動の一部です。今日の植樹活動などで、地元や海外のパートナーの皆さんを結集することにより、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の一つである気候変動の防止に本当に貢献できるようになりました」。 APPの森林保護の取り組みの詳細については、 http://www.appj.com/topics/attach//2019/07/1903_low-reso-FCP.pdf をご覧ください。

  • 2019年8月16日イベント

    オフィスに子どもたちを招待するファミリーデーを開催

    【2019 年8 月16 日、東京】――エイピーピー・ジャパン株式会社(本社:東京、代表取締役会長:タン・ウイ・シアン)は、関係会社のユニバーサル・ペーパー株式会社と合同で2019年8月14日(水)に、両社社員の子どもたちをオフィスに招待するファミリーデーを開催しました。当社がファミリーデーを開催するのは今年初めてであり、20家族の子どもたち35人が五反田オフィスに集まりました。 子どもたちは初めにインドネシア出身のタン会長からインドネシア語のおはようのあいさつを教わり、続いて、でんじろう先生風に扮装した社員から紙の作り方のレクチャーを受けました。 体験イベントでは、数人のチームを組んで一般社員と名刺交換を行い、その社員の仕事の内容についてインタビューしたり、内線で電話をかけて面会のアポイントメントを取るなど、大人の仕事を体験。また小さな子どもたちは、床や壁一面に貼られた大きな紙に全身を使って絵を描くなど、普段できないような遊びを楽しみました。 今回ファミリーデーを開催した目的は、社員の子どもたちに父親や母親の仕事場を見る特別な機会を提供するとともに、家族を含めた社員同士の交流を深めることで働きやすさを向上させることでした。このイベントによって、子どもたちの夏休みの思い出がひとつ増えたなら嬉しく思っています。 最後のあいさつでは、日暮格社長の声掛けによりインドネシア本社とTV会議を実施。子どもたちは、最初に習ったインドネシア語のあいさつを見事に披露し、海の向こうから拍手をもらうなど、グローバルな空気を感じてもらうことができました。当社は、これからも本イベントを続けていきたいと考えています。

  • 2019年7月12日お知らせ

    インドネシア・スマトラ島植樹ツアー 参加ボランティアを募集

    2019年9月1日(日)から5日(木)にかけての5日間、インドネシア・スマトラ島で、日本人ボランティアの参加による植樹ツアーを実施しますので、参加していただけるボランティアの方々を今年も募集します。 本ツアーを通じて熱帯雨林の保護・再生に取り組み、地球温暖化防止を目指すほか、日本とインドネシアの民間交流の促進を図ります。 本ツアーは、当社が2014年より毎年、スマトラ島リアウ州の景観地域で実施しているもので、今年で6回目。同プロジェクトでは、日本から参加するボランティアの方々が、リアウ州の荒廃地で、現地の方々とともに約1万本の植樹を行います。このほか、希少動物であるスマトラゾウの保護活動、植林用の苗床、紙パルプ生産工場及び研究室を見学します。 参加費は、エコノミークラスが17万円(税込)で、ビジネスクラスが31万円(同)。いずれも全日程食事つき、宿泊費、燃料サーチャージ、空港施設利用料等込みです。日程は9月1日(日)朝から5日(日)朝までで、東京・羽田空港発着となります。 参加ご希望の方は、別紙申込書がありますので、下記までお問い合わせください。なお、座席数に限りがあり、応募多数の場合は抽選とさせていただきます。 日程ご案内のダウンロードはこちら: 9月植樹日程ご案内 【申し込み・問い合わせ先】 エイピーピー・ジャパン株式会社 植樹ツアー担当:山崎、加藤 TEL:03-5795-0023 (平日9:30-17:00)   FAX:03-5795-0065 E-mail: sustainability@appj.co.jp

  • 2018年12月13日CSRニュース

    エイピーピー・ジャパン株式会社、日本最大級の環境展示会
    「エコプロ2018 ~SDGs時代の環境と社会、そして未来へ~」に出展

    【2018年12月13日 東京】インドネシアの総合製紙企業アジア・パルプ・アンド・ペーパー・グループ(APP)の日本法人エイピーピー・ジャパン株式会社(本社:東京、代表取締役会長:タン・ウイ・シアン)は、2018年12月6日(木)~ 8日(土)の3日間にわたって東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された日本最大級の環境展示会「エコプロ2018 ~SDGs時代の環境と社会、そして未来へ~」に出展いたしました。APPジャパンの同展への出展は今年で6回目となります。 写真中央、タン会長とインドネシア共和国大使館のアリフィン・タスリフ特命全権大使 APPジャパン出展ブース 今年のブースは「SDGs」のカラーホイールを意識したカラフルなデザインをベースとし、「労わり」の観点から「環境保全活動を通じた地球と人の共存」を全体のテーマとしました。ブース内では持続可能性に配慮したAPPの取り組みを紹介すると共に、当社の主力商品であるコピー用紙の新製品を展示しました。 また、来場者向けにクイズラリーを実施しました。クイズの答えを探してブース全体を回りながら、APPグループの生産拠点であるインドネシアで行っている当社の森林保全活動や地域コミュニティ支援の取り組みなどを幅広く学んでいただきました。 さらに、毎年子どもたちの人気を集めるフォトブースでは、SDGsのカラーホイールの中から顔をのぞかせるようにして撮影した写真をその場でプレゼントするサービスを行い、子どもたちはもちろん、家族連れからビジネスパーソンまで、さまざまな層の来場者に楽しんでいただきました。 エコプロ展3日間で、合計5,083名の方にAPPジャパンのブースにご来場いただきました。 APPグループは2013年2月に「森林保護方針」を発表。自然林伐採ゼロを誓約し、5~6年で成木になる植林木のみで紙をつくる資源循環型経営に取り組んでいます。さらに、「インドネシアの森林保護・再生支援」活動などを通じ、温室効果ガスの抑制や生物多様性の保全など、世界共通の環境課題に取り組んでいます。今回の「エコプロ2018」への出展により、当社が取り組む「森林保全」や「地域社会の活性化」の重要性を多くの皆様に知っていただけたら幸いです。APPジャパンは今後も地球環境の保全と持続可能な事業活動に尽力して参ります。

  • 2018年12月3日お知らせ

    エコプロ2018出展のご案内
    新発売コピー用紙(SDGs仕様パッケージ)のお披露目

    エイピーピー・ジャパン株式会社(以下、「APPJ」)は、このたび、東京ビッグサイトで行われる「エコプロ2018」にAPPJブースを出展いたしますことをご案内申し上げます。世界最大級の紙パルプメーカーでありながら、原料調達にあたり自然林伐採ゼロ(Zero Deforestation)を打ち出した画期的な「森林保護方針」 (Forest Conservation Policy= FCP)を発表した2013年に出展して以来、6年連続の出展になります。 APPは自然林伐採ゼロだけでなく、総合森林農業システム、森林火災対策、ベランターラ基金による環境保護活動など、SDGs全17項目のうち14の目標と関連する取組みを進めています。エコプロ2018のテーマ「SDGs時代の環境と社会、そして未来へ」に基づき、持続可能性に配慮したAPPの取組みをSDGsにおける各項目に関連づけて展示すると共に、当社の主力商品であるコピー用紙については、来年から発売する新パッケージ商品をお披露目いたします。新パッケージは、「自然林伐採ゼロ、PEFC認証、植林木100%」によって生産されたコピー用紙が、SDGsに貢献する象徴的な商品としてパッケージに謳ったもので、SDGsをアピールする商品は紙製品としては業界初となるものです。 出展ブース(以下画像)に関しましては、「SDGs」のカラーホイールを意識したカラフルなデザインとなっております。ブース内では来場者向けにクイズラリーを実施し、クイズラリーを通じてAPPグループが生産拠点であるインドネシアにおいて行っている森林保全や違法伐採を防ぐための地域コミュニティ支援の取組みなどを幅広く理解していただけるようになっています。 皆様におかれましては、ご多用の折、大変恐縮ではございますが、是非APPJブースまでお立ち寄りいただけますようご案内申し上げます。 日時: 12月6日(木)‐8日(土)10時00分 – 17時00分(ブース出展) 会場: 東京ビッグサイト 東ホール(〒135-0063 東京都江東区有明3-10-1) 小間番号:4-033 【APPJブースデザインイメージ】   本件に関するお問い合わせは、下記の担当者までお願いします。 エイピーピー・ジャパン株式会社 サステナビリティ-・コーポレートコミュニケーション本部 山崎・加藤 Tel: 03-5795-0023   Fax: 03-5795-0065 E-mail: sustainability@appj.co.jp

  • 2018年9月20日CSRニュース

    アジア・パルプ・アンド・ペーパー合同植樹イベントで 日本-インドネシア国交樹立60周年を祝う

    【2018年9月7日 ジャカルタ、インドネシア】 – 日本とインドネシアの国交樹立60周年を記念し、アジア・パルプ・アンド・ペーパー(APP)は、日本とインドネシアの企業、国際熱帯木材機関(ITTO)およびインドネシア政府と共に、スマトラ島での植樹イベントに参加しました。参加者は、20ヘクタールの土地にフタバガキ科レッドバラウ/バランゲランを植樹するため、リアウ州タプン地区に集結しました。 インドネシアの景観の保護と再生に取り組むAPPの植樹プログラムは、今年2018年で5回目を迎えます。この植樹の取り組みは、日本の横浜国立大学名誉教授である宮脇昭教授からの提案によるものでした。宮脇教授は、2014年にリアウ州のAPPパルプウッドサプライヤー保全地区を訪れた際に、荒廃した森林の再生を加速するため、自生種の植樹を奨励しました。 それ以来、APPはパートナーやステークホルダーと協力し、これまでの植樹イベントにより67ヘクタールの保全地に32,000本以上を植樹しました。日本とインドネシアの国交樹立60周年を記念して駐日インドネシア大使館からもご参加いただきました。 「当社の森林保全方針を規定して以来、APPは、本日の植樹活動のように、多くのステークホルダーとのパートナーシップを通じて、インドネシアの貴重な森林景観の保全と再生を支援するため根気強く活動してきました。」とAPPの持続可能性・ステークホルダーエンゲージメント担当取締役エリム・スリタバ氏は語りました。「日本企業と専門家は、APPの持続可能性の活動において、ゆるぎない確かなパートナーです。この植樹は、日本とインドネシアの国交樹立60周年を祝うのに非常にふさわしい取り組みです。」 駐日インドネシア大使館、 ITTO、ガルーダ・インドネシア航空、ガルーダ・オリエントホリデーズ、ベランターラ基金およびシナルマス・フォレストリーをはじめ、本年の植樹活動への参加者は64名で、その他大勢の周辺地域の住民も式典に集まりました。 在日インドネシア共和国大使館 林業部長リバ・ロバニ氏は、「国連の持続可能な開発目標(SDGs)は、皆のためのより良い、さらなる持続可能な将来を達成するための設計図です。したがって、相互に結合し誰一人取り残さない、気候変動の対策に関するSDG13と陸の豊かさに関するSDG15に沿った私たちの地球の重要な自然資源を保全する共通の目標に取り組むこのパートナーシップを嬉しく思います。」と述べました。 日本環境ビジネス推進機構の創設者である神谷光徳氏は、「日本とインドネシアは、特別な永続的関係を共有し、 地球の重要な自然資源を保全する私たちの共通の目標に肩を並べて取り組むことができることを誇りに思います。 本日ここに植えられた樹木のように、私たち両国が引き続きさらに親密になり、より強化されることを願っています。」と語りました。 APPの森林保全取り組みに関する詳しい情報は、 www.fcpmonitoring.comをご覧ください。 <APP について> シナルマスの一部であるアジア・パルプ・アンド・ペーパー(APP)はインドネシアおよび中国の紙パルプ製造企業グループの総合ブランド名です。 ティッシュ、包装製品および紙製品の世界的な需要は増大を続けており、APPにはそうした需要を満たす高品質の製品をお届けする責任があります。APPの紙、パルプ、包装製品、加工製品の生産能力は年間2,000万トンを超えており、その製品は毎日さまざまな形で世界中の消費者のお手元に届けられています。 統合化されたサプライチェーンの維持と持続可能性ロードマップ2020の誓約はAPP の事業活動にとって極めて重要です。詳しくは、当社の持続可能性報告書や森林保護方針については、下記URLをご参照ください: https://www.asiapulppaper.com/ <APPジャパンについて> エイピーピー・ジャパン株式会社(APPJ)は、インドネシアと中国を本拠とする総合製紙企業 APP グループの日本における販売会社です。1997 年の設立以来、20 年以上にわたり日本市場のお客様のニーズにお応えするため、印刷用紙、情報用紙、板紙、コピー用紙、文房具などの分野で、多様な紙及び板紙製品を提供しております。2016 年 4 月にインドネシア企業としては初めて日本経済団体連合会(経団連)に入会しました。 www.app-j.com/ 本プレスリリースについてのご質問は下記までお寄せください。 エイピーピー・ジャパン株式会社 サステナビリティ-・コーポレートコミュニケーション本部 山崎・加藤 Tel: 03-5795-0023   Fax: 03-5795-0065 E-mail: sustainability@appj.co.jp

  • 2013年12月17日イベント

    『エコプロダクツ2013』APPモザイクアートが完成しました!

    『エコプロダクツ2013』APPモザイクアート完成!! 12月12日~14日の3日間開催された日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」にAPPグループが出展し、大勢のご来場者が訪れてくださいました。 ブース内のアクティビティの一つで、植林を通して未来のため森を守り共生していくという意味を込め、ご来場者に一つずつピースをはめていただいた「モザイクアート」が完成しましたので、ご報告いたします。 アクティビティにご参加いただいた皆様、またAPPブースに訪れていただいた皆様、ありがとうございました。

  • 123

PAGETOP